大手キャリアから格安SIMに乗り換えることで、携帯料金を1000円以下に抑えることもできます。

しかし、「携帯料金が安くなるなら乗り換えてみたいけど、どんなものかわからないし」と思っている人も多くいると思います。

そんな人のために、格安SIMの使い方を説明していきたいと思います。

【格安SIMと大手キャリアの違いについて】
ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアが持つ通信設備を借り受けることにより、そこから利用者に提供されているのが格安SIMになります。

なぜ格安SIMは安いのかというのは、ここにあります。

格安SIMは、通信設備などの維持やサポートするための費用などが必要ないため、大手キャリアより維持費に関して、安く抑えられます。そのため、格安SIMの利用者には、月額料金を安く提供されています。

【格安SIMのメリット】
格安SIMのメリットは、様々なものがあります。

先程紹介した、月額料金が1000円以下になることも格安SIMの大きなメリットです。

他にも例えば、「豊富なプランから必要なものだけ選べる」ことや「2年縛りがない」ことなどがあげられます。

豊富なプランから必要なものだけ選べることにより、自分に合った最適なプランを選択することで、きちんと理解することができれば、大幅な携帯料金を抑えることが可能になります。

あと、大手キャリアでは当たり前である「2年縛り」。

格安SIMでは、最低利用期間が「6ヶ月から12ヶ月」と短めに設定されています。

音声通話がなしであれば、最低利用期間や解約金がないという業者がほとんどです。

いつでも解約でき、様々な格安SIMを試してみて、自分に合った格安SIMを探すことができます。

【格安SIMのデメリット】
格安SIMのデメリットとしては「通信品質は大手キャリアの方がいい」ことや「ほとんどのプランがクレジットカード払いでないといけない」ことがあげられます。

通信品質に関しては、多くの人が利用する昼の12時などに、大手キャリアと格安SIMの通信品質が大きく差が出てきます。

それ以外の時間帯では、快適に利用することができますが、多くの人が利用する時間帯では、通信品質が劣るのは格安SIMの大きなデメリットです。

【格安SIMの選び方】
格安SIMには、様々なプランがあります。大きく分けて「音声通話プラン」と「データ通信専用プラン」とがあります。

月々に使用する通信量に応じて料金が異なるので、自分に合ったプランを選ぶ必要があります。

自分がおすすめする選び方としては「無料通話や通話定額オプションで通話料を抑えることができるプランがある」格安SIMを選ぶことです。

一昔前では、格安SIMは基本的に無料通話や定額プランなどがありませんでした。通話料がかかってくるため、多く通話する人には不向きでした。

しかし、近年では格安SIMでも、かけ放題プランや通話定額オプションなど、お得に通話ができるようになってきています。

なので、通話オプションのある格安SIMを選ぶようにすると良いでしょう。